スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

9月6日の憶 

20150906_01.jpg
 
   もんの 鼻の下んとこは いつも 好い匂い(笑)が したっけ -----





20150906_02.jpg
 
   ひと雨ごとに ひっそりと 秋の気配
   僕はといえば 依然として 洞窟のような この場所に とどまって いるわけで ・・・
   
   元気だと 嬉しいなぁ





20150906_03.jpg





『From Season To Season / Arcadians』
https://www.youtube.com/watch?v=O6yxwoBgDko

スポンサーサイト

[2015/09/06 22:22] 【もん】 | トラックバック(-) | コメント(-)

9月6日の雨 

0906_01.jpg

scene 01





0906_02.jpg

scene 02





0906_03.jpg

scene 03





0906_04.jpg

scene 04





0906_05.jpg

scene 05





0906_06.jpg





『Please Please Please Let Me Get What I Want / The Dream Academy』
https://www.youtube.com/watch?v=VBjx6ekd2FA


[2014/09/06 22:22] 【もん】 | トラックバック(-) | コメント(-)

9月6日の音 

20130906_01.jpg

   9月6日の音
   こんな音





20130906_02.jpg

   えーっと どこだっけな? 
   ・・・Louis Philippeのお気に入り盤が見つからん!





『Witchi Tai To / Louis Philippe』
http://www.youtube.com/watch?v=d6gdNGPHjk8


[2013/09/06 22:22] 【もん】 | トラックバック(-) | コメント(-)

9月6日の夢 

96_mon_pic.jpg

   深い青に被われた仄暗い夜明け前 -----
   不意のフラッシュバックさながら・・・ 鮮明過ぎる「夢の断片」をみたよ (u_u)zzz
   あの頃のように、カギ状に曲がった尻尾をピンと立てながら、
   何度も何度も僕の足元に頬を擦り付けて。。。





96_no_yume_sky.jpg

   空が高い ----------
   もん・・・
   そこから僕の姿が見えるかい?





『Valse Lente (ゆるやかなワルツ) / Oskar Merikanto』
http://www.youtube.com/watch?v=ZkPOHQOcEF4&feature=fvwrel


[2012/09/06 23:30] 【もん】 | トラックバック(-) | コメント(-)

I wonder why... 

僕の暮らす街 -----
知らぬ間に満開を迎えた桜の花弁が、やけに目映い・・・そんな或る日・・・
19ヶ月のあいだ、自宅の“スピーカー隣り”に居座っていた「もん」を、
火葬を行った霊園敷地内にある共同墓地に埋骨しました。

雨粒や風が奏でる音 -----   草花が季節を告げる音 -----
それらは とてもとても微かな音だから そっと瞼を閉じて その尖がった両耳を そばだててごらん
大好きな音楽を また一緒に聴きたくなったら いつでも立ち寄って いいんだからね

此処が僕の選んだ、もんの新しい居場所・・・・・・・・・あっ 友達もいるョ。。。

i_wonder_why_pic.jpg
                               (コチラの写真はお借りしました)




『wal c oo / nunu』
http://www.youtube.com/watch?v=N8bfOpGxVvg


[2012/04/16 02:02] 【もん】 | トラックバック(-) | コメント(-)

9月6日の風 

96_no_kaze01_pic.jpg

   ふと想い気づけば、あの日から -----
   なんだか「静かな音楽」ばかり選んで聴くようになった。

   生きとし生けるもののRuleってことぐらい、いくら愚鈍な僕にだって十分理解できる。
   だからこそ、僕も僕なりにどうにか踏ん張って、心ならずもこんな世界を生き抜くのさ。

   ・・・もん おまえがいなくなって本当に淋しいョ。。。

   大切なたからもの ---------- 『もんと過ごした時間と記憶』

96_no_kaze02_pic.jpg

『Reverie(夢) / Claude Debussy』
http://www.youtube.com/watch?v=X5QAKup4jxM


[2011/09/06 00:00] 【もん】 | トラックバック(-) | コメント(-)

全ての言葉はさよなら 

9月6日 午前7時40分・・・ もんが天国へ旅立ちました。

危篤状態を幾度も乗り越えたのですが、痩せ細った身体は既に限界に達していました。
亡くなる前夜、僕の布団に寝かせ、いろいろな話をしたのです。
出逢った頃のことや、何度か訪れた大好きな公園のこと、大好物のプリンのこと・・・ 本当にたくさん!
それから、とても大切な二人だけの約束事も。。。

長い長い夜が明けて・・・
彼女の到着を心待ちにしていたもんに、その瞬間は突然訪れました。
ギリギリで間に合った大好きな彼女に見守られながら、彼の呼吸はゆっくりと停止しました。
最期は少し苦しんだのですが、もんは涙を溜めた眼をしっかりと開けたまま、僕等を見上げていました。
モゴモゴと懸命に口を動かすものの、全然声にならなくて・・・ もん・・・ あの時何を喋っていたんだろ?

全身の力が抜け、フニャっと柔らかくなった身体をぎゅーっと抱きしめて、いっぱい褒めてあげました。
汚れた顔を綺麗に拭き、そっと眼を閉じてあげると、穏やかで凛々しい寝顔になりました。
苦手な方もいらっしゃるかもしれませんが、最期までしっかりと頑張ったもんの顔を見ていただけませんか?
彼女が心を込めて撮ってくれた1枚です。。。

good_bye_mon_pic.jpg

褒めてもらったのが嬉しかったのか、ニコニコしながら気持ち好さそうにグッスリと眠っています。
寝息が聞こえないのが、本当に不思議なくらい。。。
深夜、お香を焚き、静かな音楽を小さく流しながら、もんの隣りで僕は久し振りに深い眠りにおちました。

翌日、もんを納めた箱には、淡い色の小さな花束のほか、猫缶やロールケーキなどを入れて・・・
今度逢えるその時まで、ひとり寂しがって泣いたりしないように・・・
僕等の面影が徐々に薄れて、彼の記憶から消えてしまわぬように・・・
一緒に写った数枚の写真も、そっと両手に挟んで持たせました。

最後に、硬直し保冷剤でひんやりとしたもんを胸に抱いた途端、今までぐっと押し留めていた思いが一気に噴出したのと同時に、
カフェ・オ・レ色の細く柔らかい毛並み、深みを湛えた青い瞳、ぷにぷにとした肉球・・・
そんな慣れ親しんだ最愛の存在を、迷いながらもこれから葬ろうとしている自分がとても愚かに思えてきて、
悔しくて悔しくて涙が止めどなくこぼれ落ち、そのひとしずくがもんの鼻先を黒く染めました。

火葬は獣医さんが紹介してくださった郊外のペット霊園でお願いしました。
訪れてみると、そこは花や緑が美しい素敵な場所でしたが、当日は朝から静かな雨が降りました。
そして・・・ 僕の手元には、新調したばかりのブルーの首輪が残りました。。。

小さな骨壷に納まったもんは、自宅にて供養することに決めました。
現在はスピーカー横に鎮座して、大好きな音楽をあれこれと聴いております(笑)

『もんちゃん お前はすっかり有名になって・・・ いろんな人から可愛がってもらえてよかったね。。。』
いつか彼女がもんの顔をグリグリと撫で回しながら、ふと呟いた言葉が、今のもんの気持ちを代弁しているかのようで・・・

このたび、皆様から頂戴した多くの「激励」や「恩情」の言葉は、もんと僕の胸にしっかりと刻まれて・・・
やがて、それらは「希望」や「安堵」に形を変えました。
もんに会いにお立ち寄りくださった方々・・・
優しい言葉をかけながら一緒に遊んでくださった方々・・・
そして、もんの快復を固く信じて見守り続けてくださった方々・・・
僕等だけでは到底抱え切れないほどの「LOVE」を、本当にどうもありがとうございました (゚▽゚*)
もん共々、深く感謝いたします。
もしよろしければ、時折会いに来ていただけたら嬉しいです。
もんも絶対喜ぶので。。。

申し訳ありませんが、通常の「お気楽ブログ」に戻るには、暫く時間が必要なようです。
再開の折には変わらぬお付き合いのほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。

スティングレイ



[2010/09/14 02:54] 【もん】 | トラックバック(-) | コメント(-)

奇跡は何処にあるのか・・・ 

現在のもんの状況を報告させていただきます。

前記事アップから暫くして再度容態が悪化し、とうとう自力での食事ができなくなりました。
現在は、「腎臓サポート」という特別食と猫缶を混ぜ、そこに乳児用離乳食や猫用ミルクなどを入れたペースト状のエサを、シリンジ(針の無い注射器)を使って口脇から強制給餌を行っている状態です。
獣医さん曰く、猫はちょっとでも食べなくなると数日で死んでしまうらしく・・・
小さな命の糸を繋ぎ止めるための已むを得ぬ延命措置です。
jyobitakiさんがご指摘してくださった「脱水症状」も懸念すべき点なのですが、水分補給に関しては今のところ自力で水を飲むことができます。

時間単位で衰弱が進んでおり、数歩ヨロヨロと歩くと崩れる様にグニャリと倒れ込んでしまいます。
そんな状態を配慮して、何処で粗相をしても大丈夫な様に床一面にペットシーツを敷いているのですが・・・
フラフラになりながらもトイレの場所まで頑なに歩いていこうとするんです。。。

皆様・・・ご心配をお掛けして申し訳ありません。
もんは今、必死に頑張っていて、とっても良い子なので褒めてあげてくださいね。。。


[2010/09/04 01:22] 【もん】 | トラックバック(-) | コメント(-)

鯵と野菜ゴハン 

aji_to_yasaigohan_pic.jpg

皆様、この度は只ならぬご心配をお掛けしてしまったコト・・・深くお詫び申し上げます m(_ _)m
早速ですが、現在に至るまでの経過を報告させていただきます。

病院に直行した日(8/16)から丸4日間、もんは殆んど食べ物を摂らず・・・
猫缶を擂鉢で擂りペースト状にしたエサを直接手で口元まで運ぶと、匂いを嗅ぎながらペチャペチャと少し舐める程度で、水を飲む以外は終日グッタリとしておりました。
食事する場所を変えてみたり、スプーンを使ってみたりと色々と工夫するも、なかなか実効に乏しく・・・
見た目にもかなり痩せ細り、抱き上げると予想以上に体が軽くなっていて愕然としました。 (ノ_-。)

半ば心が挫けかけた金曜日の夜、ふと目に留まったのが食卓に並んだ「鯵の塩焼き」でした。
人間の食事は猫用のそれに比べると極めて塩分濃度が高いため、今まで一度も食べさせたことが無かったのですが、試しに塩のかかっていない軟らかな背肉の部分を少量与えてみたところ・・・
ハッ!(`ロ´;)
食べたんですョーーーっ♪♪ 

その夜を境に、もんの食欲が徐々に回復の兆しを見せ始めたので、図書館で手作りの猫ゴハンを扱った本を数冊借り、一時的にもんの好きな野菜を中心とした特別メニューに切り替えることにしました。
擂り潰したカボチャに鶏肉の煮汁を加えたペーストや、ゆで卵の黄身で作ったペースト。
人参は軟らかく煮てから細かくみじん切りに・・・大好きな茹でたブロッコリーも忘れずに!
それらを人肌に温め、通常時の1/3程度の量を、最初はスプーンで・・・慣れてきたら手の平から、
「あぁ~美味しいね~~♪」と騙し騙し声を掛けながら(笑)、吐き戻さないようにゆっくりと食べさせました。

その後、順調に猫缶の分量を増やしていくと、もんの方もそれに応える様に少しずつ元気を取り戻し・・・
ようやく昨日の朝ゴハンから、いつものお皿で食べてくれるまでに復活いたしました~。。。 (゚▽゚*)
量はまだ若干少な目ですが、一週間前の瀕死状態に比べれば信じられない程の回復ぶりです♪

拍手コメにて、静かに優しい言葉を届けてくださった方、遠方から強力な「念」を送り続けてくださった方、
もん宛てに力強い激励をくださった方、懇切丁寧なアドバイスをしてくださった方・・・
どうもありがとうございました。
そして、なにより常日頃からもんのコトを可愛がってくださっている全ての方々に、改めて言葉にならない「感謝」の気持ちを。。。

僅かながらも「ホッ」と安堵の溜息を漏らしつつ、引き続き体調管理に気を配る毎日です。。。


[2010/08/24 23:21] 【もん】 | トラックバック(-) | コメント(-)

心配事・・・ 

突然ですが、土曜日からもんが体調を崩しています。。。

いつもなら“ペロリッ”と完食する筈のゴハンを少しずつ残すようになりまして・・・
留意しながらも、連日の酷暑ゆえの夏バテ、もしくは夏風邪かな?・・・と様子を窺っていたのです。
しかし今朝方早く、突然数回嘔吐した後グッタリしてしまって、食欲不振どころの話ではなくなりました。

慌てて病院へ直行し、「腎臓の働きを整える薬(排尿を促す)」、「吐き気止め及び食欲増進」の注射を2本打ち、飲み薬も処方していただき、一先ず帰宅しました。
過度なストレスになってしまうから・・・と、今回採血は見合わせたのですが、獣医さんがおっしゃるには・・・
「おそらく高齢猫特有の慢性の腎臓病がかなり悪化しているのであろう・・・」とのことでした。。。
もんは病院での治療を極度に怖がるため、注射一本を打つだけでもとにかく一苦労なんです。
今回もスタッフの方と二人がかりで手足を押さえ付けると、異様な鳴き声を上げながら凄まじい力で抵抗し・・・
やっと済んだと思ったら、今度は口を開けたまま「ハァ、ハァ・・・」と過呼吸になってしまって・・・。
こんな状態では、おそらく点滴などは難しいのでしょうね。

夕食も一向に催促せず、一応用意してみたゴハンは匂いすら嗅がずにお皿を避けて歩く始末。
エサをペースト状にして、手の平に載せて直接口元に持って行くと、ちょっとだけペロペロ舐めます。
しかし、自ら食べようという意志が無いのは深刻です。

もんがいつの頃からか高齢猫の仲間入りをするようになってからは、
『年を重ねていくということは、喜ばしい反面、サヨナラをしなくちゃならない時も迫ってきている・・・』
そんな普遍的ルールを頭の片隅で常々反芻しながら、後悔だけはしないよう僕なりに覚悟してきました。
なので、今こそシッカリしなくちゃッ!

できるだけもんの傍に居る時間を作るためにも、今回勝手ながらコメ欄をお休みさせていただきます。
久し振りの更新だというのに(苦笑)大変心苦しいのですが、とりあえずご報告まで。。。


[2010/08/16 22:34] 【もん】 | トラックバック(-) | コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。